任意売却のメリット

任意売却とは、抵当権等が設定されている不動産を競売で処分せずに、抵当権者(金融機関)との調整及び合意に基づき、その不動産の所有者自らの意思で売却する手続きです。抵当権者は、その売却代金より債権を回収し、一方債務者は、抵当権を解除してもらうのです。

普段馴染みのない「任意売却」には下記のようなメリットがあります。

1.自分の意思で売却することができる

苦労して手に入れたせっかくの自宅が競売にかけられ二束三文の値段で知らない誰かに買われるのではなく、自分の意思によって売却を決めることにより、前向きな気持ちのまま人生を再スタートすることができます。

2.競売よりも高値で売れる可能性が高い!

早く任意売却に取り掛かれれば、実際の市場価格により近い金額での売却が可能となります。したがって、より多くの借金を返済できます。

3.競売とは違いプライバシーを無視されるようなことがない

一般の不動産売買と同様の販売方法となりますので、ご近所に売却理由を知られる心配はほとんどありません。親しみのある地域にそのまま住み続けることが可能です。

4.所有者の持ち出し(売却時にかかる費用)がゼロ

ご依頼人の持ち出し金が全くかからない仕組みです。不動産仲介手数料等は売却代金から費用として充てられるので料金の心配ありません。

5.売買契約交渉の中で引越し日について相談できる

競売とは違い、突然、新しい落札者が来て急な立ち退きを迫られることはありません。
買い主との交渉次第で引越し日を自由に設定できます。

6.自宅に住み続けることができる可能性がある

競売では当事者が入札に参加できず、また、身内や知り合いが落札できるかどうかはギャンブルと同じで賭けです。任意売却ではご事情を詳しくお聞かせ頂ければ、利害関係人と調整して、買主に賃料を払ってそのままご自宅に住み続け、数年後に買い戻すということも可能です。

7.当事務所のサポートが受けられる

当事務所では不動産の売買が終わった後でも、残債務等の処理のアドバイスから不安や疑問の解決に至るまでお客様が気持ちよく再出発できるようにサポートいたします。


新着情報

  • お知らせ
    2016/03/15
Page Top